レイカーのIN THE LIFE

どうもレイカーと申します。ポケモンダブルレートをメインにいろいろと。相棒はキリキザンです♭♭

<SM全国ダブル最終シーズン>~バンドリは添えるだけ~ボーマンダサイクルパ

どうも、レイカーです。

サンムーンのレーティング環境が終わってしまったので、記念にパーティ紹介します。シーズン3~5はなかなかやる気が出ず、あまり潜ってませんでしたが、最終シーズンということで少し頑張ってPGLの全国ダブル50位以内には入ることができました。

 

シーズン6は色々なパーティを使っていましたが、最終的にしっくりきて使い続けたポケモンたちがこちらです。

 

f:id:inthelife5:20171111003610p:plainf:id:inthelife5:20171111003745p:plainf:id:inthelife5:20170321220622p:plain

f:id:inthelife5:20171111003909p:plainf:id:inthelife5:20171111003931p:plainf:id:inthelife5:20171111003954p:plain

 

バンドリマンダ?…いえ、バンドリ以外の4匹を中心としたサイクルパーティです!!いかく、状態異常、グラスフィールド等を駆使してギルガルドで詰ませることを狙います。

それでは個別解説にいきましょう。

 

 

☆個別詳細

 

f:id:inthelife5:20161113125719p:plain 

ボーマンダボーマンダナイト

おくびょうCS いかく→スカイスキン

ハイパーボイス すてみタックル かえんほうしゃ まもる

 

メガ枠。普通のCSマンダです。

当初は耐久&S調整した竜舞型を使っていましたが、使い辛く感じたので小回りが利くこちらの型に変更しました。最速にしたことでパーティ全体で低かった素早さを補えたため、正しい選択だったと思います。

技構成に関しては、最初はサイクル重視ということで、はねやすめをしばらく採用していましたが、活きる場面が少なかったこととテッカグヤが重いことを理由にかえんほうしゃに変えました。すてみはワイガ警戒時やリザ、レヒレへの打点として重宝します。

基本はハイボぶっぱマン。いかくはサイクルを回すための重要要素ですので、思考停止メガシンカではなく、タイミングを見計らうことも大切です。ただ、メガ忘れしてゴミ火力で攻撃しないように気をつけましょう。

 

f:id:inthelife5:20161113125725p:plain

ギルガルド@たべのこし

おだやかH16n+1D余りS バトルスイッチ

シャドーボール どくどく キングシールド みがわり

 

強い。

改めてコイツは卑怯な種族値、とくせいであると思い知らされました。トップメタで苦

手な相手がリザ、ドラン、ランド、サザンくらいなため、これらのポケモンがいなければやりたい放題できます。ランドに至っては、じしんZでなければ寧ろカモです。

Dに厚くしているため、カプ神の攻撃でもビクともしませんし、大流行していた雨パにも強かったです。貧弱な攻撃はみがわりが耐えるため、有利対面でみがわりを置くだけで試合を有利に運べました。

メガバンギに竜舞を6回積まれながらも、まもみがしながらやけどダメだけで倒しちゃう偉い子です(笑)

どくどくは、3回に1回は外してました。

 

f:id:inthelife5:20171111004137p:plain

カプ・ブルルとつげきチョッキ

いじっぱりHSほぼぶっぱ余りA グラスフィールド

ウッドハンマー ウッドホーン ばかぢから いわなだれ

 

カプ神の中では採用されることが少ないポケモンですが、一般的にはスカーフやカクトウZのイメージが強いでしょうか?

個人的にはチョッキがしっくりきていて、理由は相手のカプ及び雨パという超火力に後出しできる強さがあるからです。後出し時の負担はグラスフィールドウッドホーンでリカバーでき、返しのA130の草技1.5倍はバカにできません。

また、グラスフィールドはパーティの主役であるギルガルドのみがわりと相性がよく、弱点技のじしんを半減できます。ガルドの無限戦術を演出してくれるポケモンです。

対雨が役割なので、努力値ペリッパーを上から殴るためにかなりSに割いていて、60族抜きです。

……はい、ペリッパーのS種族値が65だと育成後に気づきました笑。いじっぱりだと実数値が2足りないし、そもそもペリッパーってひかえめばかりだし、Sに割いてないリザにいわなだれ奇襲できるし、まーいーかぁとこのまま、、。

 

f:id:inthelife5:20171111004217p:plain 

ウインディ@ウイのみ

おくびょうHS いかく

かえんほうしゃ バークアウト おにび まもる

このパーティのダイナモ的存在。先発がほとんどで、いかく、バクア、おにびを撒きまくって味方をサポートするのが主な仕事です。テッカグヤに対する打点がパーティ単位で乏しいので、相手にいたら大事に使っていきたいところ。

ずーーーっと炎技をもえつきるにしていたのですが、なんとまあ使い辛いことこの上ない。最後の最後にほうしゃに変えて、やはり気軽に撃てる方がいいと思いました。

ウインディが躍動する試合は、面白いくらいサイクルが回ってとても楽しくなります。さすがWCS使用率No.1の実力は伊達じゃないですね。ウイは毎回発動してくれていい感じでした。

おにびはよく当ててくれましたが、例えば相手のバンギラスに外してしまうと、トリル展開からのいわなだれで為す術もありません。…当てりゃいいのよ

 

f:id:inthelife5:20161113125704p:plain

バンギラスこだわりスカーフ

ようきAS すなおこし

いわなだれ かみくだく れいとうパンチ ばかぢから

 

バンドリの枠は元々トノルンパでした。…が、リザードンが蔓延しすぎてうっとうしかったので、天候を取られても戦えるバンギに変更。主にリザードンメタグロスがいる相手に選出していました。型はテンプレのため、特にいうことはありません。

雨ならガルドの炎弱点を打ち消せたのですが、砂嵐によるスリップもそれなりに魅力的でした。

ちなみにボーマンダの型を物理→特殊に変更した経緯は、バンドリがランドロスを強烈に誘うためです。バンドリに変えてからランドの被選出率は100%だったと思います。

 

f:id:inthelife5:20161113125713p:plain

ドリュウズ@じめんZ

ようきAS すなかき

じしん アイアンヘッド いわなだれ まもる

 

選出しません。

使い方がわかりません。

Zがもったいなかったです。他のポケモンに変えようと考えましたが、ドリュウズを外すと相手のドリュウズが辛く、またおそらく見せポケとしては活躍してるだろうと思って置物状態でした。

95~100族付近の最速個体が体感で多かったので、非砂下のS88族は信頼できずピン選出もほぼなし。

メイン戦術がサイクルなので噛み合わなかったです。

 

 

☆基本選出

vs CHALK

先発f:id:inthelife5:20171111004217p:plainf:id:inthelife5:20161113125725p:plain後発f:id:inthelife5:20161113125719p:plainf:id:inthelife5:20171111004137p:plain


相手の初手はガルレヒレが多かったので、ウインディは守りつつブルル後出し。フィールドを書き換えて、次ターンガルーラにおにび。レヒレはブルルが縛ってます。また、レヒレドランには積極的にバクアしていきます。

ヒードランを頑張って倒して、最後はガルドで詰ませてしまいましょう。

 

vs 雨

先発f:id:inthelife5:20161113125719p:plainf:id:inthelife5:20161113125725p:plain後発f:id:inthelife5:20161113125704p:plainf:id:inthelife5:20171111004137p:plain

 

大流行した雨パは得意な相手です。

ガルドは基本居座り続け、ブルルとバンギを回して雨展開を邪魔します。ガルドが雨下のみずZを食らうことはなんとしても阻止するように。砂嵐状態でブルルとガルドが並べばこちらのものです。注意点としては、マンダはラグラージにいかくを入れてからメガしましょう。こちらのサイクル性能が格段に変わります。ブルルに冷B急所はやめてください。

 

vs リザードンスタン 

先発f:id:inthelife5:20161113125719p:plainf:id:inthelife5:20171111004217p:plain後発f:id:inthelife5:20161113125704p:plainf:id:inthelife5:20171111004137p:plain


ギルガルドが出しにくいキツい相手。ブルルをうまく使えるかがカギです。レヒレとのフィールド取り合いやリザ交換読みいわなだれなど。リザランドクレセバンギレヒレガルドみたいなのが多すぎて嫌でした。しかも強いから、尚更たちが悪い、、

 

vs トリル

 先発f:id:inthelife5:20171111004217p:plainf:id:inthelife5:20161113125725p:plain後発f:id:inthelife5:20161113125719p:plainf:id:inthelife5:20171111004137p:plain

 

ガルドのみがわりで時間稼ぎしつつ、トリルが切れるタイミングで制圧できる状況を整えたいです。でもそううまくはいかないので、トリルを3回貼らせてしまったことも笑

  

この辺が基本パターンです。

 

…え?ドリュウズがどこにもいないって?

あえていうなら、趣味パとかにはバンドリ出してました。

 

 

☆戦績

 

f:id:inthelife5:20171111005653j:plain

 

f:id:inthelife5:20171111010141p:plain

 

ぎりぎり1900台でした…。最終の順位は変動してると思いますが、結果としては中の上~上の下といったところでしょうか。

そして、これは言い訳というか文句なのですが、レートが下の人としか当たらない!!

例えば20戦したら格上は内2人といった割合です、、こんな状況じゃモチベーション上がらないですし、ウルトラサンムーンではマッチングの質を改善してほしいと切に願います。

 

☆終わりに

ここまで読んでいただいた方はありがとうございました。

サイクル戦といえばシングルバトルの醍醐味かと思われますが、ダブルでも様々な要素が錯綜して面白い試合運びを見せてくれます。受けはZ技で崩壊するとはいっても、ダブルじゃZ技してきそうな相手は限られてますからね。そんなのHDガルドで受けりゃいいんすよ笑!

ところで、USMのフラゲ情報でLAYの評価がぐるんぐるんしてますけども、あの素早さ種族値であの技を覚えるっていうんで、ダブル環境入りできるんじゃないかとワクワクしてます(ネタバレ嫌な人のために伏せます)。

 

それでは皆さん新作、新レート環境ではウルトラソウルしていきましょう(^^)/

向こうも11月にアルバム発売ですので♪

 

<PJCS2017予選使用パーティ 勝率75%>テテフライドを叩きのめせ!<ぽわぐちょを添えて>

 

どうも、レイカーです。

今回はワールドチャンピオンシップス日本予選の結果報告と、タイトルにある通りテテフライドへの対処法を紹介したいと思います。

ちなみに、PJCS開始直前にレートで大流行したテテフライドですが、本番ではほとんどマッチングしませんでした笑

では早速、使用したパーティはこちらです。

 

f:id:inthelife5:20170508161158p:plain  f:id:inthelife5:20170120193308p:plain  f:id:inthelife5:20170120193227p:plain

f:id:inthelife5:20170508161246p:plain   f:id:inthelife5:20170120193353p:plain   f:id:inthelife5:20170508161413p:plain

 

カプ・テテフ+フワライドの組み合わせに強気に選出でき、かつWCSルールで最強のウインディを自由にさせにくいポケモンウツロイドに注目してパーティを組みました。

特においかぜ下でのウツロイドの縛り性能に期待。

そこで、はやてのつばさによってフワライドよりも早く動くことができ、おいかぜも使えるファイアローを相棒にチョイス。

 

ウツロイドの珠ヘドロばくだんでH振りカプ・テテフが高乱数1発。

ファイアローのA特化ブレバZで耐久無振りフワライドが高乱数1発。

フワライドは浮いているためサイコフィールド下でも先制技を食らいます。

すなわち・・・

 

型にもよりますが、ウツロイドファイアローはテテフライドに対して相手に何もさせずに突破することが可能です。(あくまで型によります)

それでは以下、個別の解説に入ります。

 

☆個別詳細

 

f:id:inthelife5:20170508165132p:plain

ウツロイド@いのちのたま

おくびょうCS ビーストブースト

パワージェム ヘドロばくだん めざめるパワー氷 まもる

 

環境を支配する多くのポケモンを一撃で粉砕できる火力と攻撃範囲を持ちます。テテフライドのテテフはスカーフの所持率が低いため(体感ですが)、初手から殴っていいです。テテフのところがレヒレになっている組み合わせもありますが、レヒレも珠ヘドばくで中乱数1発です

また、ウインレヒレの並びに強い点も高評価。容易にウインディの後出しをさせない数少ないポケモンでもあります。ウツロイドメタでチョッキじならしという個体も見かけましたが笑。

こちらを縛ってくるカミツルギにはファイアローが強く、スカーフガブリアスはおいかぜ下であればめざ氷縛り返せます。一応パーティ内でひこうタイプを2匹採用しており、相手のスカガブの一貫を消してるつもりではいます。チョッキガブ?知らんがな

 

f:id:inthelife5:20170120203248p:plain

ファイアロー@ひこうZ

いじっぱりAS はやてのつばさ

ブレイブバード フレアドライブ おいかぜ まもる

 

採用している人を全然見かけませんが、本当に強いと思いますこのポケモン

先述したテテフライドに対して、ブレバZでフワライドを一撃で落とせなくとも、そのターンはフワライドおいかぜ、次ターンはやてのつばさが残っているためおいかぜし返せます。

同じほのおタイプのウインディとの差別点は、カミツルギを上から縛れるところ。いじっぱりでも最速カミツルギを抜けます。ようきにしてさらに抜けるポケモンマニューラくらいのためいじっぱり推奨です。

高火力先制技持ちのため、ペリッパーゴルダックドレディアコータスといった天候エース、またトリル相手にも活躍が見込めます。トリル下のコータスに先制ブレバZをかまして、ふんかを弱体化させるといった芸当もできます。

後述するスカーフガブリアスとの並びは凄まじい攻撃力を誇ります。

 

f:id:inthelife5:20170120203239p:plain

ガブリアスこだわりスカーフ

ようきAS さめはだ

じしん いわなだれ どくづき ダブルチョップ

 

採用しない理由がない最強のポケモン

WCSルールでは浮いているポケモンを1匹も採用していないパーティが少なくなく、じしんの一貫性によりフィニッシャーの役割も課せられるスカーフを持たせました。カプ・コケコに対して後手に回りたくないため、個人的にスカーフ運用が一番使いやすいです。

いかく、ポリゴン2、ワイドガードのない状況下では、ファイアローと並べることでごり押しができます。

ウインレヒレカミツルギガブコケコのようなスタン相手には、HPが少なくなっても大事に取っておくことで活きる試合が多かった気がします。

 

f:id:inthelife5:20170508165431p:plain

テッカグヤ@たべのこし

ひかえめHC、B<D調整 ビーストブースト

ラスターカノン かえんほうしゃ やどりぎのたね まもる

 

ここまででスカーフを持ったテテフやガブ、カミツルギがきついため、ストッパーになり得るテッカグヤを採用。

ヘビーボンバーではなくC振りにすることで、ギガイアスに対する圧力がだいぶ変わってきます。(ほんとはGTS産のひかえめ個体しか持ってなかったから笑)

ラスカノを撃つべき場面でやどりぎを選択し、ダメージレースで競り負ける試合が多々あったため、その辺の判断力については要反省だと思いました。

テッカグヤどうしが種をまきあっている光景はもはや日常茶飯事(´・ω・`)

 

f:id:inthelife5:20170120203450p:plain

トリトドン@イアのみ

おだやかHBD(ガブのじしんZ耐え余りD) よびみず

ねっとう どくどく たくわえる じこさいせい

 

ポリゴン2とギガイアスがあまりにも辛すぎて、積んで詰ませるタイプのトリトドンを使ってみました。どくどくポリ2、剣舞ガブ、くさむすびコケコといった役割破壊持ちがチラホラいたため常に安定はしなかったですが、ポリ2を見て選出を悩まずに済むようになりました(笑)

このパーティはカプがいませんが、もともとこの枠はコケコでした。レヒレに強くかつ上述の2匹を見れるポケモンとして思いついた次第です。

水の通りが地味にいいこのルールではよびみずも大いに役立ち、Cが4段階上がったこともありましたw

どくどく、積み技、草技、フリーズドライ等がない相手はガン起点であり、ラス1のトリトドンが相手の2、3匹を毒殺していく様は見ていて愉快でした。うまくパーティにハマってくれたと思います。

ぽわ~お!ぐちょぐちょぐちょ!

 

f:id:inthelife5:20170508165751p:plain

カビゴン@フィラのみ

いじっぱりAB くいしんぼう

おんがえし かみくだく はらだいこ リサイクル

 

ポリゴン2とトリックルーム対策です。

・・・それだけです。

 

私は鈍足のポケモンを使うのが苦手で、あまり選出しませんでした。

強い人はこういうパーティ相手にカビゴンを出していくんだろうなあ~と選出画面で思ったりしていました、はい。

サブウェポンが10まんばりきではないのは、はらだいこしたあとテッカグヤで手こずりたくなかったためです。おんがえしが撃てず10まんばりきを撃ちたい相手がガラガラくらいだと思ったため、かみくだくで事足りるかなと。命中100ですし。

 

 

☆基本選出

先発f:id:inthelife5:20170508165132p:plainf:id:inthelife5:20170120203248p:plain 後発f:id:inthelife5:20170120203239p:plainf:id:inthelife5:20170508165431p:plain

 

テテフライドに限らず基本はこのかたち。あとは個別詳細で述べたような苦手な相手に応じてとっかえひっかえします。

狙いの勝ち方は、

ガブリアスで全抜き

テッカグヤで詰ませる

トリトドンで詰ませる

この3パターンのどれで勝てるか選出画面で見当をつけて立ち回っていました。

Z技持ちでもあるファイアローはほぼすべての試合に選出していたと思います。また、トリトドンが刺さっているパーティが結構見られましたが、試合時間が長くなるので毎試合選出はおすすめしません笑

選出の注意点としては、初手のポリゴン2の被選出率が高かったため、ポリ2入りに対して先発は必ずB<Dとなるように出していました。ダウンロードでAが上がっておんがえし撃ってくるやつもいましたけどw

 

 

☆PJCS結果

 

日程A・・・9勝1敗

日程B・・・14勝6敗(うろ覚え)

日程C・・・16勝4敗

日程D・・・15勝5敗

日程E・・・14勝6敗

…とまあ、こんな感じです。

日程Aを消化しきっていないのは、10戦やって次の日もう10戦やろうと思っていたら期間が過ぎていたためorz

~〇月〇日8時59分

これを見落としていた人は他にもいるのではないでしょうか…

 

タイトルに記載しているとおり勝率は75%ほどでした。

レートは覚えていませんが、1600いった日程が2、3あった程度でした。

レートが上の人と当たった回数が90試合中20試合もなかった気がするのですが、皆こんなものなのでしょうか??

自分だけマッチング運が悪いというのは勘弁してほしいところです(*_*)

 

言い訳のようになってしまいましたが、負けた試合に関してはほぼすべて自分のプレイングの弱さが出て負けてしまったと自覚しております。

繰り返しになりますがテッカグヤの技選択がまさにそうで、やどりぎでサイクルを維持するだけでは勝てず、どこかで強気の一手が必要でした。どうせ負けるならチャレンジして負けたほうがいいですもんね!

その他の反省点は、ガブリアスが倒れてからコケコを出されて蹂躙されるという負けパターンがよくありました。プレイングというか、私の学習能力の問題。

残念ですが、日本予選上位50名は今回の結果では無理そうです。

 

 

☆最後に

テテフライドに勝てるパーティを紹介したわけですが、実はこのパーティ、PJCSでは一度も先発テテフライドという出され方をされていません!

テテフライド使いの方々にはウツロイドが天敵であるということがインプットされているのでしょうか。

 

シングル勢はよく、ダブルでは色々なポケモンが活躍して面白そう、といいますけどそれほどでもありません。WCSルールでは6世代のガルーラボルトランドのような一強状態ということはないですが、それでも似通ったパーティが多くて正直退屈でした。前回書いた記事でスカーフミロカロスの可能性を信じているとか言っておきながら、今回のパーティは面白味のない構築になってしまったと反省しています。

今後は全国ダブルをメインにやっていこうかなーと考えています。次々と解禁されるメガシンカポケモンによる環境の変化を楽しめますから(笑)

シーズン3ではブルル入り雨グロスをずっと使っていて、次回の記事で紹介できたらと思います。

 

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございました!!

PJCSお疲れ様でした!

シーズン4ではメガフシギバナ使いたいなぁ🌸

 

<全国ダブル シーズン2>準伝不要のイケメンパーティ!<レート1900 サンムーン>

どうも、レイカーです。

シーズン2はバンクが解禁されたため、全国ダブルに挑戦しました。

やっと相棒のキリキザンが使えますね!

f:id:inthelife5:20170321221052p:plainf:id:inthelife5:20170321221052p:plainf:id:inthelife5:20170321221052p:plain

 

パーティはこちらです。

f:id:inthelife5:20170321193842j:plain

かわいいポケモンとかっこいいポケモンしかおりません!笑

 

~パーティ作成の流れ~

全国ダブルはメガシンカが使えるぞ!誰を使う?

ボックスにいたゲンガーを発見、エルゲンを使おう!

相棒のキリキザンと相性のいい奴は…バシャキザンがいいな!

よし、レートに潜ろう!

…エルゲンなんか弱くない?

エルゲンを抜いて完成

 

というわけで、当初のコンセプトだったエルゲンが抜けたため、このパーティのコンセプトはありません。イケメンパーティとか完全に後付けです(殴

 

それでは個別解説に参ります。

 

f:id:inthelife5:20161113133549p:plain 

 バシャーモ@ホノオZ

いじっぱりAS かそく

フレアドライブ ばかぢから いわなだれ まもる

 

バンク解禁後、主にシングル勢にファイアロー弱体化によりバシャを止められる奴がいない!と期待されていたポケモン。ダブルではあまり見かけませんが、攻撃範囲の広さと「かそく」によるS上昇はやはり優秀です。とくに「かそく」はダブルの最強技「いわなだれ」と相性がいいです。

ORASのときもですが、バシャのいわなだれを警戒しないリザードン使いが多いと感じました。

 

f:id:inthelife5:20170321220549p:plain 

キリキザン@いのちのたま

いじっぱりAS まけんき

ふいうち はたきおとす アイアンヘッド まもる

 

相棒。どこかのクソ親子のせいでふいうちが威力低下してしまいました(クチートちゃんは許す)。

ですが、ランドロスに対する抑止力、スカーフテテフのサイキネを一貫させない、トリル要員(クレセ、ユータン等)に強い、雨パに蹂躙されないといった役割が持てます。雨パによくいるメタグロスに強い点も高評価です。

こう言うとすごく強そうですが、実際使うのが難しいポケモンのため選出率は低めです。相棒とは一体…

 

f:id:inthelife5:20170321220606p:plain

ドリュウズこだわりスカーフ

ようきAS かたやぶり

ドリルライナー じしん アイアンヘッド いわなだれ

 

トップメタであるカプテテフとミミッキュに強いため採用。ようきにすることでひかえめスカーフテテフを抜け、かたやぶりでばけのかわを貫通できます。どちらもアイへで確一。選出時にミミッキュで悩まなくて済むのは精神的によいかと笑

後述するマンダと横に並べて上から殴りまくるのがお仕事。

 

f:id:inthelife5:20170321220622p:plain

ボーマンダボーマンダナイト

おくびょうCS いかく→スカイスキン

ハイパーボイス りゅうせいぐん かえんほうしゃ まもる

 

今一番使いやすいメガ枠なのではないでしょうか。メガシンカしたターンからS120が適用されるようになったため動きやすいです。

浮いてるため横のドリュウズがじしんを打て、飛行と地面の広範囲でかつ全体技で攻めることができます。

 

f:id:inthelife5:20170321220634p:plain 

キュウコンR@きあいのタスキ

おくびょうCS ゆきふらし

ふぶき こごえるかぜ フリーズドライ まもる

 

襷、こごかぜにより初手に出しやすいです。バシャのかそくと合わせて疑似おいかぜのようなことができます。

フリーズドライは雨パのペリッパーキングドラ、ルンパッパに4倍で入ります。個人的にオーロラベールより優先度は高いかなーと。雨流行ってますし。

ヒードランに何もできないのが嫌だったのでめざ地も欲しいです。アンコールも面白そうだし…こいつ技スぺが足らない!

正直適当に採用しましたが、活躍の機会は多々ありました。

 

f:id:inthelife5:20170321220656p:plain

ミミッキュ@フェアリーZ

いじっぱりHA ばけのかわ

じゃれつく かげうち つるぎのまい まもる

 

単体性能が高いポケモン欲しいと思い、襷キュウコンと合わせて(適当に)採用。

HAなのはトリル要員で使おうと思ってた個体の流用です。ようきASでもなんでもどうぞ。

火力不足による放置プレイをさせないために剣舞を持たせています。じゃれZと合わせて高耐久を、かげうちで紙耐久を倒します。じゃれつくの命中不安を考えるとゴーストZよりこちらが好きです。

ガルーラの素猫にはまもる。

 

☆基本選出(先発のみ)

・対リザードン軸スイッチ

バシャーモキリキザン

いわなだれしましょう。クレセは叩きましょう。

 

・対雨

キュウコンミミッキュ、裏キリキザン

フリドラをグドラに、じゃれZをペリに。(ミミッキュのS次第で逆でも可)

次ターン襷で耐えたペリッパーをかげうちで縛れている。

 

・対エルゲン

キュウコンバシャーモ

ここかぜまもるから入ります。次ターン炎Zをゲンガーへ。

最初にエルゲンが弱いと言った理由はまさにこれで、Z技はアンコールの効果を無視することができます。つまり、この場面でまもるをアンコールされても、Z技は通常通り打てます。

テラキオンがいる場合はバシャではなく、ふくろだたき警戒で行動保証のあるミミッキュを出します。

 

・対ガルーラスタン

あまり当たらなかったのでよくわかりません。

 

ぱっと思いつく選出はこのくらい。パーティコンセプトが存在しないため、基本選出もなんもありませんね。刺さっている奴を出します。

 

☆苦手な相手

f:id:inthelife5:20170321220739p:plain

スイクン

苦手というか、このパーティではほぼ倒せません笑。草、電気技持ちがいないという欠陥。相手にスイクンがいるとやりたい放題されてしまいます。

 

ヒードラン

バシャやドリュウズは対面なら有利ですが、逆に偶発対峙できないとこちらが後出しできないため処理が難しい相手です。特にみがわりされるとお手上げです。

 

☆最後に

前回のWCSレートの記事ログイン - はてなでレート1900乗りますと宣言したのですが、ぎりぎり乗れました。(ルールが違うとか言わないでください)

f:id:inthelife5:20170321212633p:plain

タイトルの通り、準伝がいなくてもそこそこ戦えるということが言いたかったわけです!

ではWCSルールではどうだったのかと言いますと、、スカーフミロカロス入りブルル軸とかいうわけわかめなパーティを使っていて、レート1600維持すらできず…

毎試合ウインディに当たるためミロカロスがささるのでは?と思ったのですが、現実は甘くありませんでしたorz

シーズン終盤にパーティをドレディアコータスに変えてレート潜ったら1800辺りまですんなり上がりました。パーティパワーって大事ですね。

ですがスカーフミロカロスの可能性は信じているので、もうちょい勝てるパーティに仕上がったら紹介したいと思います。

 

全国ダブルの方も続ける予定です。ORASで使ったグロスガモス構築を組み直そうと考えております。シーズン3はメガクチートが増えるでしょうから、キリキザンが動きやすくなりそうです(願望)。

ログイン - はてな

 

4月には日本予選的なものも始まりますね。このタイミングでモンハンダブルクロスも発売されるし、大変ですねまったく。

それでは、読んでいただいた方はありがとうございました!!

 

<WCSレート>ドレディアコータス<ファイアローが弱体化?寝言は寝て言え!>

どうも、レイカーです。

サンムーンが発売され、早くもレーティングシーズン1が終わってしまいました。

今回はWSCレートシーズン1で使っていたパーティを簡単に紹介したいと思います。

 

こちらの6匹です。

f:id:inthelife5:20170118215144j:plain

ドレディアコータスガブリアスファイアロー」という上から殴るシンプルな構築です。ドレディアコータスについてはもはや説明不要だと思います。「おさきにどうぞ」+「ふんか」は対策してないと壊滅してしまいます(笑)

そして今回注目してほしいのが、ガブリアスファイアローという並び、非常に強力です。

 

…ちなみにこれが最高レートでした。1900いきたかった(´;ω;`)

以下、個別解説に参ります。

 

f:id:inthelife5:20170120193148p:plain

ドレディア@いのちのたま

ひかえめCS ようりょくそ

リーフストーム めざめるパワー氷 おさきにどうぞ まもる

 

パーティのヒロイン。コータスと一緒に投げます。

初めはガブリアスを確一で落とせる草Zリフストを採用していましたが、これめざ氷でよくね、って気付いてしまいました。

いのちのたまを持たせることで、レヒレや砂下のギガイアスも倒せます。

よく外すのでエナジーボールでもよさげw

 

f:id:inthelife5:20170120193209p:plain

コータス@もくたん

れいせいHC最遅 ひでり

ふんか ねっぷう かえんほうしゃ まもる

 

炎3ウェポンですが、どれも使う場面はよくあります。体力が削れた後のねっぷう、ワイガ警戒でかえんほうしゃ、といった感じで。他に入れたい技も特にありません。

ピンで選出することもよくあります。主にキュウコンテッカグヤが重いときなど。

 

f:id:inthelife5:20170120193227p:plain

ガブリアスこだわりスカーフ

ようきAS さめはだ

じしん いわなだれ どくづき ダブルチョップ

 

主人公。

WCSルールでは地面の一貫性が大きいパーティが多い印象が見られます。カプ神のフィールド効果を受けますからね。

スカーフを持たせることで、カプ・コケコ、キュウコンカミツルギライチュウウツロイドフェローチェガブリアス、スカーフテテフ、スカーフバイバニラなどの、ガブリアスに突っ張ってくる高速ポケモンを抜き去ることができます。そして、これらのポケモンには地面が一貫しています(白ゴキにはダブチョ)。

ガブリアスの苦手なポケモンを消耗させてしまえば、後述するファイアローと並べてイージーウィンできることもしばしば。

 

f:id:inthelife5:20170120193308p:plain

ファイアロー@ひこうZ

ようきAS はやてのつばさ

ブレイブバード フレアドライブ とんぼがえり おいかぜ

 

じしんが通らない敵の代表格であるテッカグヤカプ・ブルルに強く、アローが苦手なでんきやいわに対してガブリアスが強いです。この2匹を並べることでほとんどの相手に先手が取れ、且つ広い技範囲で攻撃可能です。

その他、ドレディアコータスのミラーに対して強かったり、ひでりでフレアドライブの威力が上がったり、といったシナジーがあります。

とんぼがえりは天候の奪い合いなどで役立ちます。

 

f:id:inthelife5:20170120193336p:plain

カプ・テテフ@エスパーZ

ひかえめCS サイコメイカー

サイコキネシス マジカルシャイン ムーンフォース まもる

 

前述の速攻コンビ達より早い攻撃といえば…そう、ねこだまし

カプライに対してガブテテフ投げ、フィールド書き換えでねこを防ぎつつ、ガブがじしんテテフまもるで相手がタスキを持っていなければ無償突破できます。割とうまくいきます。

エスパーZは高耐久ポケを削るため。カビゴンを一撃で飛ばせたりして楽しいです(笑)

とくせいがファイアローとアンチシナジーなのがなぁ…

 

f:id:inthelife5:20170120193353p:plain

トリトドン@オボンのみ

ひかえめHBC ちょすい

ねっとう れいとうビーム ヘドロばくだん めざめるパワー電気

 

ドレディアコータスの天敵であるオニシズクモ、その他水対策。

ペリッパーギャラドスへの遂行速度を早めるためめざ電気を採用。

また、大流行しているウインレヒレに投げれます。

 

☆基本選出

f:id:inthelife5:20170120203202p:plainf:id:inthelife5:20170120203225p:plainf:id:inthelife5:20170120203239p:plainf:id:inthelife5:20170120203248p:plain(先発と後続逆のときもあり)

f:id:inthelife5:20170120203429p:plainf:id:inthelife5:20170120203450p:plainf:id:inthelife5:20170120203239p:plainf:id:inthelife5:20170120203248p:plain

f:id:inthelife5:20170120203429p:plainf:id:inthelife5:20170120203239p:plainf:id:inthelife5:20170120203248p:plain何か

 

選出パターンはだいたいこのくらいです。

これらの選出が歪まされる相手は不利な相手と捉えていいと思います。

勝てればラッキーって気持ちで臨みます。

 

☆苦手な相手

f:id:inthelife5:20170120194623p:plainf:id:inthelife5:20170120194636p:plain

高耐久のポケモンで粘られるのが苦手です。

1匹だけならテテフのエスパーZを当てられればなんとかなりますが、例えば上記の2匹を同時選出されるとどうにもならないです泣

パーティ最大の欠陥。

 

☆総括

サンムーンで弱体化したファイアローですが、可能性はすごく感じました。

Zブレバであれば反動は受けませんし、またサイコフィールド下でもおいかぜはできることがポイント。そして先制技が打てなくても、そもそもSが126あることを忘れてはいけません。ダブルでは速いポケモンが強いのですから!

 

シーズン1では勝てそうな試合でプレミしたり運負けしたりとメンタルがぼろぼろだったため、滝に打たれて出直したいですw

また、バンクも次期解禁しますしORASポケモンたちを連れてきて全国ダブルもやりたいですね。

ガルーラとクチートが強すぎたせいで”ふいうち”が威力低下して、私の相棒キリキザンがとばっちりを食らっていますが、7世代では積極的に使っていきたいです。

アローラダブルで使えないのが本当に残念です( ;∀;)

 

それではここまで読んでいただいた方々、ありがとうございました!!

シーズン2は1900乗ります!

 

<ORASダブルレート>グロスガモス構築<打倒ガルーラスタン>

こんにちは、こんばんは、おはようございます。

11月も中旬で寒くなってきました。

レイカーと申します。

 

さて、遂にポケモンサン・ムーンが発売しますね。

6世代が終わってしまったわけですが、こちらでは私がORASダブルレートのシーズン16~17で使っていたパーティを紹介したいと思います。

 

レート1900を達成し、50位以内に入ることができました。

↓TNミウナです

 

f:id:inthelife5:20161113112908p:plain

 

そしてパーティはこちら

 

f:id:inthelife5:20161113115018p:plain

 

その名も

”グロスガモス構築”

 

そのまんまですね(笑)

メガメタグロスウルガモスの組み合わせに注目しました。

ORASでメガシンカを得たメタグロスですが、苦手なポケモンたちが環境で猛威を振るっていたせいで、あまりレートでみかけませんでした。

その代表格が、’ふいうち’で縛ってくるメガガルーラメガクチート、そしてギルガルドです。

 

そこで!

’いかりのこな’で味方を守れて、’ほのおのからだ’でやけども狙えるウルガモスを相方にしてはどうかと思い至りました。

以下がパーティの詳細です。

 

☆個別解説

 

 f:id:inthelife5:20161113112311p:plain     f:id:inthelife5:20161113134423p:plain

メガメタグロスメタグロスナイト

ようきAS クリアボディ→かたいつめ

アイアンヘッド いわなだれ じしん まもる

 

唯一のメガ枠。基本は先発に投げて、負担をかけていく。

サナバレルに強いのが偉い。

いわなだれは舐めて居座ってくるリザードンファイアローに打つ。

じしんはヒードラン意識。グロスガモスを並べると十中八九ホイホイされるため、交換読みしやすい。

ダブルのメタグロスはみがわり持ちのイメージがあるが(私だけ?)、活きる場面が少なくてやめた。思念は外す。

 

 f:id:inthelife5:20161113112728p:plain

ウルガモスゴツゴツメット

ずぶといH236B252S20 ほのおのからだ

かえんほうしゃ いかりのこな おいかぜ まもる

 

前述のとおりメタグロスを守ることが役目。

最大の役割対象がガルーラのためHBゴツメ。Sは準速キリキザン抜き。

メガガルーラに対しては、いかりのこなでふいうちは無効、その他の接触技を打てば50%でやけどという強力な択を迫ることができる。その他、ボルトロスのでんじは等も吸ってしまいたい。

サポート要員ということでなんとなくおいかぜを採用したが、こちらもヒードランへの有効打としてめざ地が欲しかった。

炎技はギルガルドへの確実な削りのためねっぷうは非推奨。

 

f:id:inthelife5:20161113112752p:plain

サザンドラ@防塵ゴーグル

ひかえめCS ふゆう

あくのはどう だいちのちから おいかぜ まもる

所謂サザングロス。ガルーラの仲間たちであるクレセドランバレルに強い。また、雨や砂、メガゲンガー入りに投げておいかぜする。

こだわってるイメージが強いのか集中されることが多かったため、まもるが役に立った。

竜技が無いがボーマンダくらいしか打ちたい相手がおらず、そのボーマンダもおいかぜすればびびって引っ込んでしまうため特に困らなかった。

 

f:id:inthelife5:20161113112805p:plain

・霊獣ランドロス@こだわりスカーフ

ようきAS いかく

じしん いわなだれ とんぼがえり ばかぢから

 

ダブルといえばこのポケモン

序盤はいかくによるウルガモスのB耐久の補助、終盤はいわなだれで全抜きを狙う。

試合を通して動き回るポケモンのため、HP管理が非常に大切である。

また、パーティ内で素早いのがこの子くらいなため大事に扱いたい。早い段階で失うと上から殴り負けてしまう。

幾度となくミラーが発生するため、最速スカーフが一番強いと思った。

 

f:id:inthelife5:20161113112816p:plain

キノガッサきあいのタスキ

いじっぱりAS テクニシャン

キノコのほうし マッハパンチ タネマシンガン まもる

 

ここまでで水タイプが非常に重いため、残り2匹はそれに強いポケモンを採用。

加えてガルーラ、ヒードラン、バンドリに先制で弱点つけれる点も評価。

そしてキノコのほうしでトリルを阻止…できたらラッキー

どちらかというとサイクルを回すパーティなので選出率は低め。

 

f:id:inthelife5:20161113112831p:plain

ラプラスとつげきチョッキ

なまいきH76A4B76C252D100最遅 ちょすい

こおりのつぶて フリーズドライ ぜったいれいど ハイドロポンプ

 

雨対策。そしてガルーラの取り巻きに強いポケモン。みがわりのないドランやガルド、クレセバレルニンフボルトランドスイクンを相手できる(タブンネ

化身ボルトの玉10万を2耐え、ルンパッパのギガドレを4耐えする調整。物理耐久はいかく込みでなんかを2耐えする(忘れたw)。

最遅にしてるのはたまたま孵化で出たから(笑)気休めのトリル対策になれば、、

S種族値が60あるため、ニンフィアギルガルド意識で調整もありだと思う。

最初この枠は化身ボルトロスを採用していたが、氷の一貫性がやばいことに気づいてしまいラプラスに変更した。だが活躍の機会は少なかった。

 

 

☆基本選出

・対ガルーラスタンf:id:inthelife5:20161113121518p:plainf:id:inthelife5:20161113121541p:plainf:id:inthelife5:20161113121559p:plainf:id:inthelife5:20161113121607p:plainf:id:inthelife5:20161113121614p:plainf:id:inthelife5:20161113121623p:plainf:id:inthelife5:20161113121700p:plain

先発f:id:inthelife5:20161113121822p:plainf:id:inthelife5:20161113121614p:plain 後発f:id:inthelife5:20161113122048p:plainf:id:inthelife5:20161113122219p:plain

 

初手はランド方向にねこだまし等が飛んでくるので、ランドをガモスに交代しゴツメダメとやけどを狙う。2ターン目、グロスガモスの並びにヒードランが出てくるところを(初手ヒードランは知らない)、グロスはじしん、ガモスはランドに交代。これでガルーラに2回いかくが入るのがおいしい。ニンフがきついと感じれば、サザンの代わりにガッサ、ラプラスも出したりする。

 

・対サナバレル雨f:id:inthelife5:20161113123010p:plainf:id:inthelife5:20161113121623p:plainf:id:inthelife5:20161113123131p:plainf:id:inthelife5:20161113123136p:plainf:id:inthelife5:20161113123150p:plainf:id:inthelife5:20161113123156p:plain

先発f:id:inthelife5:20161113121822p:plainf:id:inthelife5:20161113122219p:plain 後発f:id:inthelife5:20161113123303p:plainf:id:inthelife5:20161113123315p:plain

 

このパーティ大流行したよね。初手はほぼサナサンダーでおいかぜしてくるため、グロスはサナにアイへ、サザンはおいかぜ。サナが動けば倒れ、守っても次ターン縛れる。あとはサンダーを気合で倒せばなんとかなる。

 

・対リザードン、ゲンガー軸f:id:inthelife5:20161113124504p:plainf:id:inthelife5:20161113121614p:plainf:id:inthelife5:20161113121541p:plainf:id:inthelife5:20161113121559p:plainorf:id:inthelife5:20161113124622p:plainf:id:inthelife5:20161113125030p:plain

先発f:id:inthelife5:20161113121614p:plainf:id:inthelife5:20161113122219p:plain 後発f:id:inthelife5:20161113121822p:plain+何か

 

サザンのおいかぜを駆使して、リザードンやゲンガーを縛れる状況を作る。エルフーンの技はいかりのこなで吸えないため注意!

 

・対バンドリマンダf:id:inthelife5:20161113125704p:plainf:id:inthelife5:20161113125713p:plainf:id:inthelife5:20161113125719p:plainf:id:inthelife5:20161113125725p:plain

先発f:id:inthelife5:20161113121822p:plainf:id:inthelife5:20161113123303p:plainorf:id:inthelife5:20161113122219p:plain 後発f:id:inthelife5:20161113121614p:plain+何か

 

厳しい相手。初手バンドリに対しては、どちらにマッパを打つかは択であり、おいかぜしようものならなだれアイへでひるまされる。ガモスが出しづらいため、取り巻きのギルガルドの処理も面倒。うーん…

 

・対トリルf:id:inthelife5:20161113130745p:plainf:id:inthelife5:20161113130910p:plainf:id:inthelife5:20161113130922p:plainf:id:inthelife5:20161113130928p:plainf:id:inthelife5:20161113131010p:plain

先発f:id:inthelife5:20161113121822p:plainf:id:inthelife5:20161113123303p:plain 後発f:id:inthelife5:20161113122219p:plainorf:id:inthelife5:20161113122048p:plainorf:id:inthelife5:20161113123315p:plain

 

トリックルームを封じる手段がキノコのほうしのみのため、こちらの相手も苦手な部類に入る。最悪ひるませてトリル阻止を狙う(笑)。当然トリル要員がラムorゴーグル持ち、草タイプ等の場合はガッサが腐るためさらに厳しい。まもるを駆使してトリルターンをうまく稼ぎたい。

 

☆苦手なポケモン

 

f:id:inthelife5:20161113133023p:plain

ヒードラン

対策したといえどもつらい相手であった。特に初手ガルーラヒードランでみがわりされると手も足も出ない。シーズン終盤でみがわり持ちが少なかったことが唯一の救い。

 

f:id:inthelife5:20161113133549p:plain

・(メガ)バシャーモ

このパーティの最大の欠陥で、バシャーモを倒せる奴がいない!(笑)

うまくガッサのマッパ圏内に押し込めるように立ち回るしかなかった。

 

f:id:inthelife5:20161113133846p:plain

ドーブル

まさに悪夢。こいつが嫌でシーズン17でポケモンから遠ざかることになったorz

サンムーンでは弱体化するみたいだが。

 

☆まとめ

 

使用感としては、

とにかくガルーラスタンに強かった。

ガルーラが弱ったあとは、ボルトのクソゲーを乗り切ってしまえば勝てます。

そこがまた大変なんですけどね…

また、ランドロス以外はトップメタから1歩2歩引いた位置にいるポケモンたちで、使っていて面白いパーティでした。

 

反省点は、パーティのコンセプト上まもるや交代が多く、受け身の立ち回りになってしまうところです。メンツは攻撃的なポケモンばかりですけどね。安定行動のみならず、ときには強気な選択も必要であると感じさせられました。

 

グロスガモスの並びを思い付き、ネットで検索してもこの並びに注目したブログ等が見当たらなかったため、何か形として残したいと思い今回この記事を書くに至りました。

サンムーンではより本気で(笑)ダブルレートに取り組むつもりです。面白いパーティを思いついたらまた紹介できたらといいなと思います。

 

最後になりますが、この記事に目を通していただいた方は本当にありがとうございます。7世代でお会いしましょう!!